エンジニアは定年が早い?

管理職へキャリアチェンジ

システムエンジニアは、比較的定年が早いとされています。仕事内容がハードであることに加えて、技術の進歩の早さについていけないことが理由です。その後は、多くが管理職へとキャリアチェンジしていきます。
管理職になると、システムの設計からクライアントとの交渉業務が増えることになりますが、高いビジネススキルを求められます。つまり、プロジェクトの遂行を担うマネジャーとしての業務を行うことになり、また参加するメンバーの管理やプロジェクト全体のコスト管理も行うのです。メンバーのそれぞれのスキルを的確に把握して、効率良く仕事を割り振ることや作業進行を管理します。また、クライアントの要望を的確にヒアリングすることで、無駄のない設計を行えるでしょう。クライアントの望むものとズレが生じてしまうと、完成後に大幅な修正を求められることもあるのです。そうなるとコストが増加し、収益も減少します。その点でいかに利益率を高められるかが、管理職としての腕の見せ所です。その仕事内容によって、得られる報酬も高くなるといいます。
このような効率の良い業務を行うためには、高度なビジネススキルが求められるでしょう。システムエンジニアとして働く中では、そのようなスキルを身につけるのは難しいものです。そのために、いかに時間を確保してビジネススキルやリーダーシップを習得するかが課題となります。システムエンジニアとしての定年が早い傾向にあることから逆算して、早いうちにスキル磨きを計画することが大切です。
関連~〈http://se-35teinensetu.com〉~