エンジニアは定年が早い?

退職時の人材育成

長くシステム開発の分野で働き続けてきたシステムエンジニアは、比較的早い段階で定年を意識するようになるでしょう。システムエンジニアは、定年が早いといわれているからです。そこで、実際に職場を退職するまでに、取り組んで起きたいことがあります。
職場を去るシステムエンジニアにとってやるべきことは、後輩の育成です。これまで培ってきた仕事のノウハウを、そのまま無駄にしてしまうのは惜しいものです。できれば、職場で共に働いてきた後輩のエンジニアたちに、技術継承を行う方が有意義でしょう。技術を後輩たちに伝えるのが、本人にとってもためになります。これまで培ってきた仕事の経験について振り返り、締めくくりを行う良い区切りです。はっきりとした区切りを定年を迎えて行うと、心機一転して次の新たなステップへと踏み出せます。また、長年のキャリアの最後に、後輩の技術者たちの成長に役立てられるのは、気持ちがいいものです。これまで職場でははっきりと口にできなかった気持ちも、職場を去ることが分かれば言葉にできます。これまで与えていた誤解も解けて、良い人間関係の中で定年退職が果たせるのではないでしょうか。
技術継承には時間がかかるため、退職までには十分に機関に余裕を持って取り組む必要があります。時間に余裕がなければ、じっくり人材育成ができません。システムエンジニアの通常の業務をこなしながら技術継承を行うのは負担があり、余裕が必要です。早めに技術継承への取り組みを行うと、退職までに十分に後輩たちと交流できる時間も確保でき、有意義に職場から離れられます。