エンジニアは定年が早い?

前向きな気持ちがあれば活躍できる

情報技術に興味を持っているエンジニアは、面白さを感じながら働くことができます。特に、実力が身についてくるほど、仕事の面白さが分かってくるでしょう。しかし、システムエンジニアの定年は早いといわれており、まだまだシステム開発の仕事がしたいと感じる歯がゆさがあります。たとえ定年が早い職業であるとはいえ、技術者として終わったわけではありません。第二の技術者として働く道を進めます。
システムエンジニアの求人では、年齢に関わりなく技術者を求めている案件も見つかります。あるいは、独立してシステム開発会社を立ち上げるのも方法です。これまでに築き上げてきた経験を活かし、新しい会社の起業ができます。重要であるのは、年齢を意識せずに自身の能力を信じることです。まだまだシステムエンジニアとして働けるという前向きな姿勢こそ、定年後も活躍できる重要なポイントです。自らが年齡を感じて諦めてしまっては、その先がありません。常にプラス思考を持ち、実力を活かす工夫を続けていれば、年齢に関係なくシステム開発のエンジニアとして活躍ができます。同じく定年を迎えたエンジニアでも、システム開発の仕事に面白さを感じ自信を持っている人物は、生き生きとしています。若いエンジニアたちに負けず、活力に満ちているのです。
これからは、たとえ定年が早くとも戦力としてシステム開発の現場で働き続けるシステムエンジニアの姿が、より多く見られるようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です